蒸し暑い朝におすすめ! DDミューズリー・モーニング

三食の中でも、とりわけ朝ごはんに注力している薬膳うちごはん。そんな私が先日、関西で行われたある美のイベントでミューズリーに出合い、この夏の朝食にちょっとした変化がおとずれました。

フルーツ、ナッツ、シード、ココナッツなど14種類入り

13876204_1112080012219068_5961124682965774599_n

大のごはん好き。ゆえに、お菓子はおろか、シリアル、オートミール、グラノーラとこの類のものにまったく見向きもしなかった私が、大阪のオーガニックコスメショップがオリジナルで発売しているミューズリーにハマってしまいました。その名もDDミューズリー。産みの親がイギリス人のドミニック父さん(daddyということで、DDと頭についたようです。教えてくださったのは、ドミニックさんの奥さまである美容家のカオリさん。仕事を通じて知り合い、いろんな情報交換をさせていただいている素敵な女性で、肌のツヤ感、モデル並みのスレンダーな体型ともに年齢不詳を越えて化け物そのもの。徹底したベジタリアン+オーガニックライフで、ナチュラル美人を絵に描いたような方です。

ミューズリーは山岳民族の伝統食をヒントにつくられた療養食

13669773_1112114578882278_1495611297493894101_n

そもそもミューズリーって何? そう思われる方もいらっしゃると思うのでちょっと解説すると、オーツ麦をベースにドライフルーツやナッツなどを加えたもの。発祥は1900年スイスで、マクシミリアン・ビルヒャー=ベンナー医師が山岳民族の伝統食をヒントに、療養所(サナトリウム)の療養食として考案されてといわれています。

ミューズリー、グラノーラともに、オーツ麦が主な原料になっているのですが、ミューズリー、グラノーラこれらの大きな違いはその製法にあります。

ミューズリーとグラノーラは全く別物!

ミューズリー

簡単にいえば、ミューズリーはオーツ麦やナッツ、ドライフルーツを混ぜただけで甘味もないローフードに対して、グラノーラは主にオーツ麦やナッツなどに植物成油脂やはちみつ、メイプルシロップといった甘味料を加えてオーブンで焼き上げたもの。こう書き出すとミューズリーが、いかにナチュラルなものなのかが分かると思います。

DDミューズリーはナッツ、シード、シード、ココナッツといった厳選した14種類に、国産黒ゴマ配合。そのうえ、シナモンやナツメグといったスパイス入り。いろいろ試した上に、これだと思った食べ方は、無糖ヨーグルトの上にサイコロ状に刻んだキウイ、その上にDDミューズリーをのせて、仕上げに有機シナモンココナッツシュガーをかけます。これがとってもおいしくて、すっかりハマってしまいました。

薬膳的にいうと、やはりヨーグルトやフルーツはどうしても身体を冷やしてしまうので、身体を温めるシナモン入りのココナッツシュガーをかけるのです。この写真の時は彩りに枸杞の実をトッピングしました。ちょうど毎朝食べて1週間経った頃でしょうか? 身体にこもった熱がいい感じにとれていました。どちらかといえば、私は慢性腎陰虚ぎみなので、手足のほてりが気になっていたのですが、これが完全にストップ。そのかわり、いつもの温度のエアコンがちょっと寒く感じたほどです。朝ごはんを1週間変えただけなのに、この身体の変化。つくづく食と身体はつながっているんだなぁと実感したしだい。蒸し暑い日のDDミューズリーの朝食、時短にもなっておすすめです!

★DDミューズリーのお求めはこちらから↓
 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

有機シナモンココナッツシュガー 35g

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です