秋の食養生・喉を鎮め、痰をとってくれる【桔梗】の炒め物

何かと夏日が多い異常気象の10月ですが、それでも徐々に気温が下がり、ぐっと秋めいてきているのを感じます。それにつれ、喉の痛みを訴え風邪の症状になっている人もチラホラ。そこで秋の食養生の食材のひとつである【桔梗】(ききょう)について触れてみます。

桔梗の根は漢方薬になるほど薬効がある!

img_3615これが薬膳料理に使う桔梗です。「桔梗って、あの花の?」と思われた方もいらっしゃるでしょうが、ご名答。ただし、根の部分をいただきます。お隣の国・韓国ではトラジともいいますね。歴史を紐解くと、「神農本草経」にも記されているほど。大昔から食用されていた薬効食品で、現代も漢方薬にも使われています。

薬効は喉を鎮め、痰をとってくれる働きがあることから、肺の乾燥から呼吸器を患いやすい秋にはピッタリ。秋の食養生にももってこいの食材といえます。ちなみに、漢方薬では去痰、鎮咳、排膿の効能があり、痰・咳、喉のはれや化膿などに用いられる場合が多いようです。


桔梗を調理する上で必要なひと手間!

fullsizerender-2桔梗の根には有毒のサポニンが含まれていますので、ひと手間が必要です。簡単にいえば、ゆでて水にさらせばOKなのですが…。

私の場合は乾燥した桔梗をざっと50℃で洗い、50℃のお湯で戻します。ある程度、柔らかくなってきたら、今度は水でさらしておきましょう。

 

fullsizerender-3続いて、触って柔らかくなったら、食べやすいように指で裂いていきます(なかなか地味な作業ですよ!)

その後、ざっと塩もみして、沸騰したお湯で湯がくと下処理は終了です。

【桔梗の食物性味】は、五性は平生、五味は苦、辛、帰経は肺となります。

 

呼吸器を強くして、喉を鎮め、痰をとってくれる【桔梗】の炒め物

fullsizerender-1この桔梗を使って今日作ったのは、桔梗とにんじん、ローストビーフの炒め物。

私ごとですが、いま筋トレ中で意識してタンパク質摂取期間。低温スチーミングでローストビーフやローストポークを作って、チマチマ食べていたのですが、いよいよ飽きちゃったしだい。

そこで、そのローストビーフを細切りにして、桔梗とにんじんを入れて胡麻油でざっと炒めたのがこの写真です。味付けは鮎醬に赤酒を少々。仕上げに白ゴマをふりかけました。シャキシャキという桔梗の歯ごたえとほんのり舌に感じる苦みが、またいい感じに仕上がりました。牛肉は入れなくても、タマネギやネギを入れて炒めるのもおいしいかと思います。秋になって喉のイガイガ、ムズムズを感じている人にぜひともおすすめしたい一品です。ぜひ、作ってみてください。

*桔梗はこちらから購入できますよ!
p752n
『食材』干しキキョウ|乾ドラジ(200g)■中国産ナムル 干し山菜 干し野菜 干し物 干し食材 マラソン ポイントアップ祭 05P01Oct16

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です