超豪華! A5級長崎和牛ステーキ入りのゴージャスハンバーガー

ハンバーガーの常識を覆す…絶品・ハンバーガーに出合う!

パッと見は、普通のハンバーガー。でも、写真をよーく見てください。パンズにハンバーグと野菜が挟まっているだけではありません。よくよく見ると分厚いステーキまで入っていますよ。ちょっぴり、はみ出ているから誰でも分かりますね! はい、それほどデカイんです! 

なんということでしょう(^o^) これまでいろんなハンバーガーを取材してきましたが、いまだかつてこんなバーガーに出合ったことはありません。あまりにステーキが大きくて、ハンバーグはもはや影に隠れています(>_<)

ここは佐世保市内にある、バーガーショップあいかわ。いわゆる佐世保バーガーといえば、米軍基地を持つ佐世保ならではの食文化で、米軍ゆかりのものとして全国区に名を轟かせていますが、今回ご紹介するあいかわさんは、この流れとはまた別の、一線を画したバーガー屋さんだということを先に申し上げておきます。

超高級品・A5級長崎和牛をハンバーガーに使えたワケ

この分厚いステーキ。驚くことにA5級の長崎和牛なのです。そのような高級品をあろうことか、カジュアルフードの代表選手ハンバーガーに挟み込んでしまうなんて、、、普通の方はやろうと思っても決してできないし、第一そのような発想にもなりませんね。取材時にこの店の社長さんに話をうかがうと、この店の母体は精肉店。だからこそ、このような冒険ができるワケ。さらにここのパティは、全て長崎和牛100%なのだとおっしゃる。ちなみに普通のバーガー(写真はベーコンバーガー)も食べてみたのですが、当然のことながら格段においしかったです。

これだけでも充分すぎるほどなのに、A5級長崎和牛のモモステーキバーガーや、同じくA5級長崎和牛のサーロインステーキバーガーもあるのですから、心底驚きました。もちろんごく一般的なバーガーの価格からすれば、これも格段に高い。ちなみにモモが1300円に、サーロインが2200円。とてもじゃないけれど、ハンバーガーの価格ではない。とはいえ、好奇心余って食べてみました。

んんん? なんじゃ、これは!!!

A5級の長崎和牛の旨味が口の中でジワーーーーと広がりました。そのうまさたるや、思わず顔がニヤついてしまったほど。軽めの脂身の甘味と相まって、口の中でとろけていくのです。お願い! もうちょっとだけ私の口の中にとどまっていて! と思うほどすぐにとろけてなくなっていく。それほど柔らかなものでした。

一口(食べること)は百聞に如かず。食べてみるしかない!

続いて、私の舌が捉えたのは長崎和牛100%のパティ。こちらも肉汁がジワジワ出てきますが、ステーキとはまた別のおいしい食感が楽しめます。一緒に口の中に入ってくるシャキシャキのレタスは、もはやお飾りな感じ。それほどパティとステーキのコンビネーションがインパクト大だったのです。

これを見てください。はい、調理最中のシーンでございます。はい、盗み撮りしました。お分かりのように長崎和牛100%のハンバーグの上に、これまた長崎和牛100%のモモやサーロインがのっているのですから。なんという…。もう四の五の言いません。ぜひ食べてみてください。絶対に後悔はさせません!

<取材協力>
バーガーショップあいかわ
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です