高タンパク低カロリーの絶品・鹿肉 in 丹波

先日、仕事で兵庫県丹波へ行きました。仕事の前にスタッフみんなで向かったのは、地元でも名高い丹波の野菜と鹿料理の店「無鹿(むじか)」さん。あまりに衝撃的なおいしさでしたので、備忘録です。

築120年の古民家でいただく絶品・鹿料理を堪能!

IMG_278113892114_1110921109001625_8251391805942072884_n「何食べてもすごくおいしいの。とりわけ鹿料理は絶品です!」とは、地元の方からの情報。しかも、鹿料理とかこれまで一度も食べたことないし! 大いに興味をそそられた私は、スタッフとともに取材・撮影前のランチ時におじゃますることにしたのです。

築120年の趣きのある店内に入ると、そこは美食を楽しむのにふさわしく、落ち着きのあるモダンな和の空間。店主のセンスのよさが垣間見られました。店内はほかのお客さまもいらっしゃったので、画像はありません。

コストパフォーマンス抜群なランチ「昼のコース」で大満足

13882637_1110921119001624_3382920808943056960_nFullSizeRender

ランチの時間は限られていたので、サクっと食べられる、お昼のコース(1680円)を! 通常は丹波のお野菜を中心にした前菜9品なのですが、私たちはせっかくだからと200円プラスして、鹿肉前菜の盛り合わせにしました。どれも本当に手がかかっていて、味わい深いこと。鹿肉はこのとき初めてでしたが、たんぱくで一切臭みもなく大変おいしくいただきました。前菜のほかは、有機野菜のスープ、メインの鹿肉(3種類の中から選ぶことができます!)、ごはん、デザート、ドリンクといった内容です。特に印象的だったのは、地元の人が一緒だったため、サービスでつけてくれた鹿肉のスペアリブ。これまで食べたスペアリブの中で、私史上ナンバー1の味でした。ビオワインもそろっていたので、次回はディナー時にゆっくり行きたいと思っています。

薬膳的に見ても鹿肉はパーフェクトな食材

13872859_1110921139001622_3573271868339018146_n

高タンパク低カロリーの鹿肉は薬膳的に見てもパーフェクトな食材です。五味/甘味、五性/温性、帰経は脾胃肝腎となっており、栄養もタンパク質(必須アミノ酸)、DHA、ビタミン類(特にナイアシン)、ビタミンB2、ビタミンB6、鉄、銅などがあるといわれています。このことから、腰や背中の冷えがある方、月経不順でお悩みの方にはもってこいの食材で、内臓の働きを高めてくれるそう。改めて、丹波で鹿肉のすごさ、すばらしさを知ったのでした。福岡からはちょっと遠いですが、またぜひとも訪れたい、お気に入りのお店になりました。
 
 
<ショップデータ> *2016年7月現在
丹波の野菜と鹿料理の店  無鹿(むじか)
兵庫県丹波市柏原町柏原659番地
電話0795-73-0200
営業は11:30~15:00 (LO 14:30/18:00~22:00 (LO 21:30)
水曜定休
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です