年末年始の恒例ファスティング。成功の鍵は回復食にあり!

昨年の年末年始のファスティングから丸1年。前回は年明けにごはん会を控えていたため、やっとファスティング・ハイになったところで泣く泣く終了。そんな経験もあって、今年は期間をもっと延ばしてみたいと再チャレンジすることにしました。

準備食の日数を大幅にカットするスイマグ・エース登場

完全なる断食をする前に、準備食をば! 準備食とは、動物性たんぱく質を控えた“まごわやさしい”和食ごはんのこと。詳細はおすすめ酵素ドリンクとともに、4月の薬膳うちごはんのクッキングレッスンでもご紹介いたしました。
ちなみに、“まごわやさしい”とは…
・ま…豆類、豆腐、納豆など
・ご…ゴマ、ピーナッツ、アーモンドなどナッツ系
・わ…ワカメ、ひじき、のり、もずくなど
・や…野菜全般
・さ…魚全般
・し…しいたけ、マッシュルーム、マイタケなどキノコ系
・い…芋、じゃがいも、さつまいもなど
3日ほど準備食を施して、その後はスイマグ・エースを飲んで一気に胃腸の中を空っぽに。そして、お待ちかねの断食期です。
 
 

苦しいのは最初の2、3日のみ。あとは覚醒したみたいに頭がクリアに!

胃腸が空っぽになった後の食事は、白湯とお水と酵素ドリンクのみ。当然のことながら、禁酒です。ファスティングを実施する時に毎回思いますが、人間の身体ってホントによくできている。しばらく食べないとギアーを切り替えて、自家エネルギーが始動しだすのです。その時に人によっては頭痛や吐き気などいろんな症状がでるようですが、私はただひたすら眠い。どうにもこうにも異常に眠くなる。よって、印刷会社も取引先も全部の業務が止まるこの年末年始にファスティングを決行するわけです。

飲んだ酵素ドリンクは昨年に引き続き、以下の3商品。

熊本産の完全無農薬いちごを使った美容酵素飲料。メーカーさんは置き換えダイエットを推奨していましたが、ファスティング期に愛飲。
・ 【コアプレックス】いちごの約束 美容酵素ジュレ 分包タイプ
分包タイプなので、外出先での利用に役立つ。味はまるで苺ジャム。私には少々甘すぎる感があったので、口に流し混んだ後ミネラルウォーターを飲んで中和させていました。
厳選した3種類の無農薬ベリーと、約60種類の無農薬や特別栽培の野菜や果物、野草入り。保存料や防腐剤などは一切使用せず、一年以上発酵させた植物発酵原液。私は回帰水で割って飲んでいました! 


昨年10月の引っ越しを機に、大枚はたいて購入した自然回帰水の浄水器。今回のファスティング期も大活躍でした。完全なる断食をして、つらいのは最初の2、3日のみ。あとは覚醒したみたいに、頭がクリアになり気分爽快。この時期は気分転換に、お正月のお飾りの手作りに励みましたよ! 


お花をいけたり、お飾りを作ったり。思わぬ発想が湧き出てきたりして、とてもいい時間を過ごせました。ちなみに鏡餅の上の柑橘はみかんでも橙でもなく、ベランダ菜園でできた自家製レモン。たまにはこんな年もあってよいでしょう♪ 調子にのって、大晦日には大祓式に参列するために太宰府天満宮へ!
 

ところが、ファスティング期6日目だったものですから、体力は限りなくゼロ。最寄駅の階段のつらいこと。お年寄りと一緒になって、途中休みやすみ階段の上り下りをしました。ファスティングで胃腸もキレイに、神事も大祓式で大掃除。おかげさまで心身ともにすっきりして、新年を迎えることができました。

食欲スイッチをいきなり入れないための回復食作りに創意工夫

丸1週間の断食を終えた後は、お楽しみの回復食。最初に口にする具なしお味噌汁のおいしいこと。まさに、この上もない至福の味です。この日は羅臼昆布と鰹節で丁寧にだしをひきました。
 
本来ならば、この後は重湯からのお粥と段階を追っていくのですが……ちょっと待てよ! ごはん大好きな私は実はここで、いきなり食欲スイッチが入ってしまうのではないかと考えました。さすがに回を重ねるとちょっとは賢くなりますね(^^;) そこで試したみたのが、ニンジン、ミネラル大根、タマネギ、自然薯を加えた野菜スープ。ファスティング期にあまりに体力がなくなったもので、山芋ではなく、奮発して滋養強壮に期待できる自然薯を使いました。これらをベースに4種類にアレンジ。おかげさまで、いまだに大食いスイッチは抑えられています^^;

だしベースの野菜スープ。


豆乳ベースの野菜スープ。


トマトをピューレにして加えた、トマトベースの野菜スープ。

 
コリアンダー、ターメリック、クミン、チリパウダーなどのスパイスを入れた、カレーベースの野菜スープ。いきなり米類を食べずに、手を変え品を変えた野菜スープでお腹を満たしていきました。スープの後はこれらに少しずつお米とカサ増し用のお豆腐を加えていったのです。特に豆乳ベースとトマトベースは、リゾットのようで大変おいしかったです。
 

固形物の第1号は、やました農園の一粒の無農薬いちご。いちごを噛んだ瞬間に口の中に広がる、果汁の甘味。おいしー! 噛むこと、そして飲み込むことがどんなに幸せなことなのか、改めて認識でき感謝の念しか残りません。やはり食べることって楽しい♪ 

身体ケアも忘れずに! おすすめはエラバジェの高機能クリーム

丸々1週間のファスティング中、ケトン体ががんばってくれたおかげで3キロ減。回復食を食べるようになって、すぐに1キロ戻ったものの、回復食が進むにつれて、特別に何かを我慢をしなくても、1キロ減量することができました。トータル3キロ減です。昨年のファスティングで2キロ落とし、今年で3キロ減。なかなかいい感じです。50歳も目前にすると、いきなり体重を落とすと思った以上にシワシワになりますからね。何事もさじ加減が大事です。


ファスティング中、あるいはファスティング後のボディケアに使ったのが、フランスの化粧品メーカー・エラバシェの高機能クリームLASTEXです。こういった時、美容の仕事をしていてよかったとしみじみ思います。ファスティング後、痩せたのはいいけれど、お腹や太ももの皮膚がたるんでしまって…なんていう悩みはよく聞く話。絶対にたるませまいと、引き締め効果のあるこのクリームをお風呂上がりにせっせと塗っていました。そのかいもあって、一切たるみなし! あとは、今の体型をキープするのみ。初回よりもずいぶん慣れてきたファスティング。中医学的にもおすすめのデトックスの春、3月ごろにもう一度、トライしてみたいと思っています。ファスティング、体内リセットにもおすすめです^^

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください